ワンウェイストリート

One Way Street Japan in Jesus)
<ワンウェイストリート・JJ>

+++ 救 い へ の 一 本 道 +++

・・・パペッタリー&腹話術による福音伝道・・・


沿 革

「若者をその行く道にふさわしく教育せよ。
そうすれば、年老いても、それから離れない。」

                                       
箴言22‐6

「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。
神の国は、このようなものたち のものです。」
(ルカ18-16)


これは米国の兄弟姉妹Liz & Dale夫妻が40数年来進めてきている標語です。
リズさんとデールさんご夫妻は、たった二人からこのミニストリーを始められました。そして今や世界40ヶ国にその輪が広がり、毎年1000名前後の有志が集って国際交流と研修を行っています。彼らの協力の下、2003年より指導を受けながら国内でのパペットミニストリーセミナーを展開しております。

これまでワンウェイストリート社が“クリスチャンのための腹話術とパペッタリー国際フェスティバル”
I−Festを主催して来ました。我々も十数年来出席しています。

 創立の趣旨

パペットミニストリーは、欧米の各教会では古い歴史をもち、幅広く普及しております。
パペットミニストリーとは?】
おもにソフトパペット(布製で口を開閉することのできる人形で、子供用テレビ教育番組のセサミストリートなどの人形)を使い、音楽やドラマや会話などを通してキリストの福音を分かりやすく伝える伝道方法の事です。

一方、国内においては人形劇は、教会でも取り入れられ活用されているところは多少ありますが、クリスマスやイースター等での復活劇などに使用されているのみで、パペットミニストリーの本格的活用はまだまだ行われておりません。

私たちはこの点に注目しました。人形は偶像崇拝ではありません。子ども達が楽しむこと、学ぶことにつながります。教会へ子ども達が喜び勇んで来るような居場所を作ってあげようと思います。教会をもっと活気に満ち溢れた場所にしたいと思います。
パペットミニストリーを、教会に取り入れ、ご一緒にみことばの宣教に役立てませんか。

世界の活動

 欧米においては腹話術やパペッタリーの組織は全国的、国際的なスケールで取り組まれております。特にアメリカのコロラド州に本拠を置き、世界的ミニストリー活動を展開しているワンウェイストリート社の働きには目を見張るものがあります。そして世界のクリスチャンたちによる“パペッタリーと腹話術師の祭典”も2005年で10周年を迎えました。

2003年から私達も参加し、その素晴らしいミニストリーの一部を体験しております。そして主催者からは「日本の福音宣教に是非役立てて欲しい」と暖かい薫陶を受けております。

 2006年には、その代表のお二人に加えて、2004年に来日して下さったアメリカコネチカットのプロ腹話術師で著述家、基調演説家のジュディ・ブッシご夫妻も再来日して下さり、日本のパペットミニストリー定着のために尽力してくださいました。更に2007年は、この同じメンバーがまたまた来日し第2回、国際パペットミニストリーを開催!またとない研修となりました。

このジュディ・ブッシ氏は2011年5回目の来日で、日本腹話術貢献者賞を受賞されました。

今後の活動

「国際パペットミニストリー」として、すでにパペッタリーや腹話術と取り組んでいらっしゃるクリスチャンの方々や、これから新しく取り組もうとされるCS教師や若手牧師並びに伝道師たち(主の恵みを幅広く伝えていこうとする方々)に、その「技術や手法をコーチングし、『リーダーを育てるためのセミナーやワークショップ等の場を設けていきたい』と念願しいます。

また2016年7月からの活動として「
訪問セミナー」を更に充実してまいります。
一か所に集まっての学びには、それぞれ教会での事情により無理があります。今後はこちらから積極的に出かけて行き、「パペットミニストリーに興味を持っている方々」や、「教会学校などに取り入れてみたい」と考えていらっしゃる兄弟姉妹たちに、手ほどきのセミナーを行います。

 幕張の教会では、14年前から実験的に腹話術とパペッタリーを教会に取り入れ、地域の方々と共にサークルを形成して、共に学びながら教会行事には未信者のメンバーたちも参加協力してくれるまでになっております。更に、クリスマスの時期には他の教会の子ども会にも50名前後が参加して、参加した子ども達やその家族から素晴らしい評価を受けております。

 こうした活動が着実に実を結び、地域に根ざし開かれた“楽しい会合”や“活気のある礼拝”へと成長しております。このような活動が今後益々増えていくことと信じます。

 

将来の展望

 200694日の「第1回、国際パペットミニストリー・セミナー」を皮切りに、欧米各地で行われているような、内外のプロ・アマが一堂に会して、技術や演技についての情報交換のみならず、お互いに信仰のレベルアップも図る「国際フェスティバル」を、国内においても、意義のある活動として展開しています。
今後も御心に沿って勇んで進めてまいります。

 

これまで伝道前伝道活動を続けてこられた皆様と共に、我々に課された使命として、
「イエス様の福音のおすそわけのために」
一人一人に頂いているタラント(賜物)を十分に発揮したいと思います。
そして『よくやった。良い僕だ』と主に喜んでいただけることを願っております。

願わくは一人でも多くの方々にご理解していただき、不備な点をご指導いただき、ご協力・ご賛同いただきたいと思います。 
池田 武志&しゅう




トップ

直線上に配置